ヨーロッパ
パシフィーク
ニューカレドニア
  • ヌメア
オーストラリア
  • シドニー
  • ブリズベン
ニュージーランド
  • オークランド
バヌアツ
  • ポートビラ
フランス領ポリネシア
  • パペーテ (タヒチ)
フィジ
  • ナンディ
アジア
日本
  • 東京
ニューカレドニア
  • ヌメア
オーストラリア
  • シドニー
  • ブリズベン
ニュージーランド
  • オークランド
バヌアツ
  • ポートビラ
フランス領ポリネシア
  • パペーテ (タヒチ)
フィジ
  • ナンディ
日本
  • 東京

太平洋諸島の航空券

誰もが憧れる南国の島

ボラボラ、タヒチ、バヌアツ、そしてウォリス・フツナ、フィジー…。南太平洋の島々、そこはこの世のものとは思えないほど美しい地上の楽園。ありのままの自分でいることがこんなにも幸せだと感じられる場所が他にあるでしょうか。ティアレの花やバニラの甘い香りが漂い、今も神話が息づく島。さあ、今すぐ飛行機に飛び乗って、楽園を目指しましょう。

旅のエッセンス

南太平洋の島に残る本物の自然、その豊かな自然に癒されたい

どこまでも続く白い砂浜。のんびりと風に揺られるココナッツ・ツリー。静かに打ち寄せる太平洋の波の音が、あなたの心をゆっくりと癒し、南国の風が身も心も優しく包み込みます。南太平洋の島と聞いて想い描くのは、世界でいちばん穏やかな暮らし。ここには想像した通りの世界が広がっています。タヒチ、バヌアツ、ウォリス・フツナ、そしてフィジー。どの地上の楽園でバカンスを過ごそうか、どこも魅力的で迷ってしまいます。

現地の人々にあたたかく迎えられたら、どんな嫌なことも一瞬で忘れてしまいそう。あたりにはバニラやスパイスの香りが漂い、キラキラ輝く水がひんやりと気持ちいい島々では、見るものすべてが色鮮やかでまるで魔法の世界に迷い込んだようです。でも消えてなくなったりしないから大丈夫。人生でいちばん素敵な旅が、南太平洋の島々であなたを待っています。あなたの夢を、ここで叶えましょう。

 

おしえて!南太平洋の島々の最新情報

個人データ利用に関する詳細に関しては、こちらをクリックしてください

一生に一度は行きたい街

フレンチポリネシアの首都であるパペーテの街は、1818年にイギリス人宣教師ウィリアム・クックによって築かれました。1827年にポマレ王朝の女王、ポマレ4世がこの地に王宮を建設したのを機に、この海沿いの小さな街は首都としての発展を遂げていくことになります。

パペーテはマルシェ中心に動いていると言ってもいいほど、いつも賑わっているマルシェ。とてもカラフルで民芸品店もたくさんあり、ここへ来ればこの街の「いま」が分かります。街の活気が感じられるこのマルシェには、野菜や果物、魚や花はもちろん、彫刻やタヒチアンキルト、アクセサリー、バスケット、パレオなど、タヒチや他の島の民芸品もずらり。耳に心地よく響くウクレレの音色を聞きながらお土産を探すのも楽しいものです。パペーテはアートの街としても有名。街のあちこちで、たくさんのクリエイターの作品を目にすることができます。

空の玄関口、ファアア国際空港にはたくさんの観光客が降り立ちます。パペーテの中心部でおすすめの観光スポットは、マラウ王妃の家、パオファイ公園、そしてカテドラル。再開発が終わったばかりの海沿いのエリアも外せません。特にバイエテ広場には夜になるとルロットと呼ばれる屋台が並び、タヒチアン・ミュージックを聞きながら地元の料理が楽しめるとあって、タヒチアンや観光客でどのテーブルもいっぱいです。夏の暑い日差しを浴びたあとは、ポリネシアの優しい夜風を浴びにぶらりと立ち寄ってみてはいかがですか。

 

入国に関する情報をお探しなら → タヒチの入国手続きを見る

 

楽園の島々

バヌアツへはニューカレドニアから飛行機で2時間弱。珍しい景色を期待してやってきた旅人は、この国の火山島ならではの美しさに驚かされます。主要な島はエファテ、タンナ、アンブリムですが、バヌアツを構成している島の数はおよそ80にも上ります。島々には活火山や豊かな熱帯林が広がり、動植物の種類は数えきれないほど。世界でも指折りの美しさを誇るサンゴ礁も、手付かずのまま残されています。

 

入国に関する情報をお探しなら → バヌアツの入国手続きを見る

 

ようこそ南太平洋の王国へ

人口わずか12,000人、面積142km2。フランス領ウォリス・フツナはエデンの園かもしれません。火山性諸島であるウォリス・フツナは、外の世界とは全く違う進化を遂げてきました。この国で注目したいのはウベア、アロ、シガベの3つの王朝。これらの王朝はフランス本国からの承認を受け、今でも慣習的にではありますが首長国として存続しています。南太平洋に浮かぶ王国、ウォリス・フツナ。ここでは独自の進化を遂げた素晴らしい自然と人々との出会いがあなたを待っています。

 

入国に関する情報をお探しなら → ウォリス・フツナの入国手続きを見る

 

フィジーへ探検に出かけよう

333もの島からなるフィジー、人が住んでいるのはニューカレドニア近くに位置する100ほどの島々です。フィジーには多くのホテルがありますが、どのホテルでも充実したサービスやオプショナルツアーを用意し、積極的に観光客を受け入れています。フィジーを訪れる観光客の数は、なんと年間70万人。海辺でのんびり過ごしたり水上スポーツを楽しんだり、みんな思い思いのバカンスを楽しんでいます。

 

入国に関する情報をお探しなら → フィジーの入国手続きを見る

 

ビデオ

南国のリズムを感じよう

お得な運賃プラン

最もお得な運賃で太平洋諸島へのフライトを予約するならこちら